ホントにITはどこでも仕事できるの?→交流してから決めれば?《とくに岐阜》

岐阜 移住

最近、お世話になってる方を通じて、ビジネススペース「3×3ラボ」をご紹介いただきました。ゆったりしたスペースで自由に仕事するっていいですね。ヘタに会社で仕事をするより会話が弾むし、もし行き詰まっても「触れる地球ミュージアム」が凝りかたまった思考をほぐしてくれます。1,000万分の1スケールの地球をグルグル動かせば、気分はまるで神にでもなったかのよう。気圧配置や人口密度の推移なんかも勉強になりとっても有意義ですが、仕事は何一つ終わってませんので気をつけて。

「ITならどこでも仕事ができる」

そう言われ始めてかなり時間が経ちました。ノマドなんて響きが色めきだっていたのも一昔前のよう。そして今、様々な自治体が「移住プロジェクト」を通じて、地元のPRと人材交流、活性化を図っています。個人的な起業や独立を地域全体で支える環境が、ここ数年でかなり充実されてきている印象があります。

では、以前よりももっと「ITならどこでも仕事ができる」ようになったのか?・・・という話は、長くなるので今はしない。それよりも、岐阜の移住イベントをやることになりました。東京と大阪でやるようです。

GIFTING CAFE

mv_gifucafe02

GIFTING CAFE

このイベント概要を見ていて、真っ先にMatildeさんの「雰囲気メガネ」が気になったのでお借りすることに。

IMG_2482

雰囲気メガネ」は、メールや電話の着信やタイマー、メトロノームのような情報を、フルカラーLEDと小型スピーカーで把握できるメガネ型情報端末です。

使ってみての感想は1つ。光るって素敵。隠れてメールを受信するなんてもったいない。常に光っていて欲しい。BPM120で点滅させたまま、企画書を書いていたいです。

開発者向けにSDKもダウンロードできるようになっており、できることは開発者次第ではありますが、クラウドファンディング「Makuake」では目標額の300万円を大幅に上回る680万円を調達。なかなか素晴らしいプロダクトが、岐阜から生まれているようです。


mautic is open source marketing automation