キャリアのブランクを作らないように、子育てをしながら仕事をしたい(長野県 30代女性)

voice_01_big

メーカにてマニュアルの翻訳や、海外の企業との受発注管理、ライセンス契約管理のお仕事をされてきたKumaさん。現在は2児の母として子育てをされている中で、Job-Hubを活用したきっかけ、今後どういった働き方をしてみたいか、といったお話を伺いました。

翻訳の仕事にとても達成感を感じる。今後も翻訳の仕事をしていきたい。

― まずは今までのお仕事について教えてください。
正社員として、海外の生産拠点とのやりとりを担当していました。海外出張も経験しましたし、現地の方への教育なども行っていました。その後、結婚をして会社を辞め、IT系の会社で海外企業との受発注管理や、海外営業グループのサポートとして翻訳の仕事をしていました。

今は転居をした都合で仕事を辞め、育児に専念しています。

― ずっと海外とやりとりをするお仕事をされてきたのですね。

そうですね。英語をいかした仕事はずっとしていきたいと思っていて、特に、翻訳系の仕事が好きなんです。

― どうして翻訳の仕事が好きなんですか?

直近で働いていた会社では主に仕様書やマニュアルの、英語から日本語への翻訳を担当していました。業界独特の単語がでてきたり、一般では知らないような言い回しもでてくるんです。それを解読して、こういう意味として伝えればいいんだ、とわかったときにすごく楽しさを感じるんです。仕様書とかマニュアルとか流れのある文章が好きなんです。

― 翻訳のお仕事が好きというのがとても伝わってきますね。今後もお仕事として続けていきたいですか?

はい。子どもがまだ小さいので、今はできれば在宅でお仕事をしていきたいです。子どもが小学生くらいになったら、また正社員として働いてみたいという希望もあります。そのために、お仕事をしていないと感覚を忘れてしまうので、子育て期間も仕事をしていたいと思っています。


メール会員登録

エンカフェ注目のコミュニティやイベント、技術情報をお届けします!

mautic is open source marketing automation